オーディオの豆知識

オーディオ用電源ケーブルの買取について

オーディオ用電源ケーブルの買取について オーディオ用電源ケーブルの買取について知っておきたいポイントを解説します。
オーディオ用電源ケーブルは非常に多くのメーカーから多数の製品が販売されています。しかも、その価格は下は千円程度から上は何十万もするものまで幅広いものです。
高価になる理由としては、高純度の銅を製造するコストに加え、電気的な絶縁性を確保するケーブル被膜を設計し、作る、独自の部分へのコストも少なくありません。
電源に限らず、オーディオ関係のケーブルは、電気的に測定できる物理特性については一定以上のランクの製品では差が出にくいのが現実です。にもかかわらず、高額なケーブルが売れるのは、ひとえに高音質だからです。
趣味的なオーディオの世界では、各種ケーブルを替えることによって、大幅に音質が変わるというのが常識です。直接的に音楽信号が通らないはずの電源ケーブルも同じです。
買取時に高額に査定してもらうポイントは、人気と定評のあるメーカー、機種を最初に買うことです。多くの人に評価されているケーブルは、やはり、中古相場でも高値で取引されています。買取時のことを中心に考えると、場合によっては自分の好みの音質ではないケーブルを買うことになりかねません。
そうならないためには、自分の好みと合う、定評のあるメーカーのケーブルを見つけることが大事です。

オーディオ電源ケーブルを買取してもらうなら

オーディオ電源ケーブルを買取してもらうなら 家電製品やオーディオ機器など家の中にあって比較的高価な製品は、いざ必要なくなるとその行き場に困ることがよくあります。
サイズが大きいものは特にそれだけで場所を取ってしまって困るのが現実です。そこで売却を考えて専門店に問い合わせても、備品が足りなくて買取拒否をされたり、ケースや説明書を捨ててしまったがために大幅な減額をされるというケースがあります。
中でもオーディオ機器は小さな備品が多く、箱や説明書もまた保管している人はそう多くはありません。
それでも、例えば電源ケーブルだけを持っていても買取してくれる専門店もあるので諦めずにチェックするのが良いでしょう。
電源ケーブルを買取してもらうならば、その保存状態を先に確認しておく必要があります。中で断線していてはもちろん使用できませんので買取対象にならない場合が多いです。
オーディオ機器全般で広く取り扱っている専門店として有名なのがオーディオユニオンです。査定してもらうならばまずここで試してみるのも良いでしょう。
電源ケーブルはそれだけでは売れないのではないかと思い込んでいる人も多いので、まずは査定に出してみてその製品の品番や状態を客観的に判断してもらってから処分を検討する方が、持ち主に取っても製品にとっても良い選択といえるのです。

オーディオで最近主流の機器が人気の理由とは

オーディオで最近人気といえば、無線のBluetoothに対応するイヤホンやヘッドホンだといえるのではないでしょうか。
人気の理由はやはり、煩わしいケーブルがないことが大きく、騒音が気になりやすい場所でも使えるノイズキャンセリング機能を搭載する製品が少なくないこともその1つです。
またオーディオはスマホレベルの機器でも音質が向上した結果、全体的に利便性が重視されるように方向がシフトしているといえます。
最初にペアリングするだけで後はケーブルを接続しなくても再生できる、利便性の高さがBluetoothイヤホン、ヘッドホンの人気の理由となっているわけです。
他にも据え置きオーディオが楽しめる環境を持っている人ばかりではないこと、プライベート空間の確保が難しいなども理由です。
近年はテレワークの普及拡大もあって、在宅しながら会議ができる環境の構築が重要視されています。Bluetoothイヤホンやヘッドホンはまさに、家族の存在や生活音などのシャットアウトが簡単にできる、理想的なオーディオデバイスなのではないでしょうか。

オーディオの世代によって変わる主流の変遷

かつては蓄音機、レコードやカセットテープとメディアオーディオが主流でしたが、近年はメディアのないデジタル音源、更にはストリーミング再生が主流になったといえるのではないでしょうか。
戦後はレコードがオーディオの主流で、プレイヤーとその機器がその世代にとっての憧れの的だったといえます。その後はカセットテープの世代が台頭してきて、自宅で録音して楽しむという層も増えることになります。
デジタル技術が確立されてからは、音質が劣化しないCDが主流に、再生機器はミニコンポが大衆の定番になったわけです。
パソコンでは音楽制作の環境が整い始め、やがてパソコンによるオーディオ再生も注目を集めるようになります。内蔵のオーディオボードはUSBの外付けに、加えてBluetoothに対応する機器も登場しています。
最近は音楽再生にパソコンすら必要としない、スマホとDAP中心の層も増えているので、時代は完全にデジタル化したといえますが、今でもレコードや真空管アンプを好む一定層も健在なのではないでしょうか。

オーディオはインターネット時代に大きく変化

オーディオというと従来はスピーカーやヘッドホンとアンプの組み合わせで、再生はCDプレイヤーやコンポというのが一般的なイメージだったのではないでしょうか。
近年はインターネットによる影響で、オーディオはCDなどのメディアからストリーミング再生が主流になりつつあります。
機器はスマホやスマホに接続するアンプ、あるいはインターネット対応のデジタルオーディオプレイヤーが人気で、手軽に音楽を楽しめることが求められている時代だと分かります。
据え置きもネットワークオーディオのように、ストリーミングに対応したり、NASに保存しているデジタル音源を再生する方式が注目を集めています。
パソコンに保存している音源を再生するのもマイナーになりつつあるので、本当に様相は大きく変わったといえます。
CDプレイヤーからアンプ、スピーカーという従来の閉じた方式はマイナーになっていますし、今後はストリーミングやダウンロード販売が主流となり、今後の定番として定着することになると予想できるのではないでしょうか。

オーディオメーカーの生き残っているところと撤退や倒産したところの違い

かつては国産のオーディオメーカーがいくつもありましたが、現在は一部を除いてメジャーなメーカー以外は撤退、もしくは倒産しているのではないでしょうか。
そうなった理由はオーディオ市場が縮小したことも挙げられますが、時代やニーズの変化についていくのが難しい企業が多かったことも理由だと思われます。
大手は商品開発力とラインナップを充実させる資金力があるので、時代が変わってもその時のニーズに対応できます。
しかし、資金力が乏しくて開発力が大きくないところは、ニーズが変化しても対応できないままとなります。ファンが多くて根強いところは、時代が変わってもファンの好みが変わらずついてきてくれますが、そのファンも高齢化となると企業は厳しい立場に置かれます。一貫性のある商品開発を続けようとすると新規を取り込むのが難しい、逆に大胆に方針を展開すると往年のファンが離れるというジレンマがあります。
オーディオはこのように、事業を続けるのが容易ではない業界ですから、撤退や倒産は仕方がないことで、生き残っているところは上手く変化に対応できたと結論づけられるのではないでしょうか。

日本のオーディオが衰退することになった理由

日本のオーディオといえば、代表的な企業が事業から撤退したり倒産というケースが珍しくなく、衰退を思わせる状況が度々発生しているのではないでしょうか。
実際のところ、日本のオーディオ市場は縮小傾向にあって、過去にはいくつも老舗のメーカーが撤退や倒産をしています。
理由はいくつか考えられますが、1つは可処分所得が増加していないこと、もう1つはオーディオ以外に気軽に楽しめる趣味が増えたことです。
加えてスマホのように手軽な機器でもそれなりに高音質が楽しめるようになった、若い人達はイヤホンやポータブルオーディオに流れたのも理由の1つです。
比較的上の年代の人達は、据え置きを楽しむ余裕がありましたが、逆に下の世代の人達は経済的に余裕がない人の割合が多い傾向です。
実は海外でも衰退を思わせる変化が起こり始めており、一部の富裕層を除いて今後も市場の縮小、市場の二分は避けられない様相です。
物価の上昇や税金の増加など、お金に関する現実的なことを考えなくてはいけないので、特定のカテゴリに限らず趣味にお金を回せる余裕がある人は限られてくるのではないでしょうか。

オーディオに関するおすすめリンク

高価買取のオーディオ買取ショップのサイト

オーディオ買取専門店



新着情報

◎2022/9/10

情報を更新しました。
>オーディオで最近主流の機器が人気の理由とは
>オーディオの世代によって変わる主流の変遷
>オーディオはインターネット時代に大きく変化
>オーディオメーカーの生き残っているところと撤退や倒産したところの違い
>日本のオーディオが衰退することになった理由

◎2017/11/17

好みの音質 の情報を更新しました。

◎2017/9/26

買取基準 の情報を更新しました。

◎2017/7/24

初心者にオススメの機器 の情報を更新しました。

◎2017/5/16

人気のオーディオプレーヤー の情報を更新しました。

◎2017/3/22

高品質なオーディオケーブル の情報を更新しました。

「オーディオ 電源」
に関連するツイート
Twitter

N-AUDIO HA400 4チャンネル ヘッドフォンアンプ オーディオ ステレオ 電源アダプタ付き...

ハイエンドオーディオが何とかって、可聴域終わってる爺さん共が展示会に居座って、試聴レポとか偉そうなこと抜かして結局中古しか買わず、電源がどうだの言ってカスみたいなアクセ買い漁って悦に入って、おまけにネットで講釈垂れるんだから代理店も嫌でしょ。俺だって界隈と関わりたく無いもん。

オートライトは無灯火で走るヤツが居るから必要なのは分かるがAHB要らんだろ?制御クソ過ぎるし人の感覚と合わな過ぎ。あとオートACCって誰得?IG-OFFの時にオーディオ電源切り忘れてて、解錠してリヤドア開けたら突然オーディオ鳴って恥ずかったわ

返信先:元々がHGW→無線ルーター→PC がLANケーブル接続で、ルーターにメディコンを追加して無線ルーターとオーディオハブを光接続、ハブとNWPはLANケーブル接続でした で、ルーター外してHGWにハブ付けて、ハブにPC繋いでみたら音が良いなと この時、ルーターは電源入ったままです

EVとパワコンからオーディオへの給電も考えたのだけど、 結構ノイジーなのかなと。 バッテリー電源だけのものもあったかな、こっちならいいかも。 一般電気をこちらからとってオーディオは別にとか。 EVの車中は実はかなりノイジーです。特にオーディオに良い環境とまでは言えない。ラジオも直では。